動画制作会社の検討に入る前には、きちんと準備しておこう

動画制作会社の検討に入る前には、きちんと準備しておこう

どこがゴールなのかを目指しているのかをしっかりと確認しておく

「動画を公開しなきゃ」と考えて、闇雲にGoogleなどで検索して調査をしていたとしたら、少し落ち着いてください。

依頼する動画制作会社を調べる前に、まずは動画を公開した後の事、どこがゴールなのか、どんな成果を得たいのかを簡単にでもまとめてみましょう。

この目標などの設定をしていないと、どんなに良い動画制作業者に依頼しても、計画自体が失敗に終わることになるかもしれません。

まとめておくべきポイント

  • 動画を見て欲しいターゲットはどんな人か?
  • 動画でアピールしたい、商品・サービスの特徴は何か?
  • 動画を通して、視聴者にはどんなアクションを起こしてもらいたいか?
  • 競合他社などの動画を観て、良いと思った動画はどれ?
  • 現在公開している動画の欠点や改善したい部分

上記の方な内容をかんたんにノートなどにまとめて動画の制作会社には商談時に業者に伝えるようにしましょう。

どんな動画を制作したいのか、社内の意思を統一しよう

動画の製作作業が進んだ段階で、自社内の上層部や他部署などから変更要請を受けると、莫大な修正費用が発生してしまったり、最悪の場合、撮影段階からやり直さなければいけないケースが出てきてしまいます。

社内での意見のたらい回しにならないよう、事前に社内でのヒアリング・意見のすり合わせをし、意思統一を済ませておきましょう。

動画制作会社を比較・選定するときのポイントとは?

動画の制作業は参入するのに敷居が低く、現在さまざまな業者が乱立してきています。 パソコンとソフトさえあれば動画の編集を始めることが可能で、制作物のクオリティはともかくフリーランスとして参入している方も多くいます。 小規模な動画制作会社や、フリーランスの動画編集社の中にはとりあえず目先のお金のために、クオリティとコストを下げて受注数を確保しようとする業者も多くおり、気をつけなければいけないポイントです。 動画制作業者を選ぶ際は、比較をししっかりと見極めて業者をえらびましょう。